不動産担保ローンを組んでいながら、他にも融資を求めて多重債務者になって、結局自己破産しないといけなくなったら、考えると怖いですよね。

事業の倒産を避けるためにも、融資を受ける際は、計画的な利用が大切です。

不動産担保ローンで返済ができない場合は、抵当権が入っているので不動産を守ることは難しいでしょう。

不動産は競売などにかけられ、借金の返済に充てられます。

自己破産をすると、財産のない人は比較的スムーズに手続が進みますが、家を持っていたり、会社があったりという人は、手続きが複雑になります。

自己破産の状態に落ち着くまでは、しばらくの時間がかかります。

問題は家族が住む家がなくなることでしょう。

ビジネスが倒産、家を失うと、家族がいれば厳しい生活になります。

不動産担保に取られてしまう場合は、家族や実家などが安価に買ってくれれば、一度は失ったかのように見えた自宅も、手元に戻ってくることになります。